火災保険に入って安心|備えあれば憂いなし

ウーマンたち

自動車保険の見直し

説明

自動車保険と車両保険の違い

自動車保険と車両保険の違いですが、自動車保険は対人賠償と対物賠償があり、自分の車以外の相手に対する人や物に対してかける保険です。対人賠償には自賠責保険があり、車を保有している人は強制的に加入させられる保険です。自賠責保険には、対人賠償しかありませんので事故を起こして相手の車を破損させたり物を壊したら民間の保険でカバーをすることになります。民間の保険は任意です。車両保険は、自分の車そのものに対してかける保険です。車両保険の場合ですが、とりあえず自動車保険に付帯しているものであり自動車保険に加入していればすべての事故がカバーできると勘違いして実際に事故がおきたら車両保険がついてなかったというケースがありますので、補償内容は確認が必要です。

見直しをして安くする

自動車保険の車両保険を節約する方法ですが、車両保険は上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプと3種類あります。新車で自動車を購入して、ちょっとしたキズもつけたくない、もしキズがついたら補償を受けられるようにしたいとなると上級タイプです。しかし、年数が経過すればボディに少しキズがついても気にならなくなってきた、そういったときは上級のままだと保険料は高いままです。そこで車両保険が高いと感じた時には、一般タイプ、そしてエコノミータイプに変更することで自動車保険の保険料金を大幅に節約することができるのです。また、車も古くなってくると評価が低くなるので車両保険を外すのも方法です。事故で破損したら新しい車に買い替えるから車両保険はいらないとすることもできます。